特別な日の贈り物

記念に残る初めての贈り物

息子への就職祝いの贈り物

今年の春から息子が社会人になります。仕事は毎日スーツでの出勤になるので、スーツに合う何かをプレゼントしようとこの間デパートへと買い物しに行きました。何が良いのか店員さんに相談したところ、ネクタイをオススメされたので見ていると息子にピッタリな柄のネクタイが見つかりました。それを息子へ就職のお祝いの贈り物としてプレゼントするため購入しました。贈り物は何が良いかかなり悩みましたが、その人のためにおめでとうの気持ちを伝えることが大切だと感じます。学生から社会人へと成長する息子へおめでとうの気持ちと共にネクタイを送ろうと思っています。

就職祝いにもらった名刺入れ

10年前にはじめて就職した際に、叔父夫婦から本皮の名刺入れをもらいました。それまでは自分の名刺を持つ機会などなく、はじめての名刺入れを手にし、これから社会人になるんだなという実感がわいてくる贈り物だったので、とても印象に残っています。ビジネスシーンでも使える黒いシンプルなもので、今でも愛用しています。もし社会人としての自覚がないまま自分で名刺入れを購入していたら、派手なデザインの物を選び、上司に怒られていたかもしれません。センスが良く実用性の高い名刺入れは、相手の気遣いも感じられる、もらってとても嬉しい贈り物でした。

家族に贈り物をする情報

Copyright 相手に合った贈り物とは? All rights reserved.